性能検査支援業務について

性能検査支援業務について

天井クレーンの性能検査受験

性能検査ってどうやるの?何が必要?
全て任せられる業者っていないのかな・・・。

3t以上のクレーンは、2年毎の性能検査が義務付けられています。

3トン以上のクレーンを新しく設置する際には、「落成検査」を受験する必要があり、検査に合格したクレーンには「検査証」が交付されます。
この「検査証」の有効期限は2年となっており、2年毎に所轄労働基準監督署長または、性能検査代行機関の性能検査を受検し、検査証を更新する事が義務付けられています。
性能検査当日は、過去3年間分の月次自主定期検査、年次自主定期検査の結果の確認、及び荷重試験の実施を検査官の指示のもと行う必要があります。
また、受験の結果、何らかの不良箇所などの指摘(是正勧告)を受けた場合、日常の業務に支障が出る恐れもあります。

性能検査の支援業務

操業停止などの最悪の事態を避けるためにも、平素からのメンテナンス、専門家による性能検査の支援を受ける事をお勧めしております。
弊社では、性能検査の前に必ず行う必要のある年次自主定期検査、荷重試験及びそれに必要なウェイトの手配、性能検査当日の立会いなどの、性能検査の支援業務を行っております。是非ご活用ください。

定期自主検査の詳細はこちら。
性能検査を受験するにあたり不良箇所を改修したいという事業所様も是非ご連絡下さい。
また、荷重試験用のウェイトのみの手配も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Return Top